旧車バンパー再メッキ前

このバンパーは40年位経つバンパーです。通称ブタケツバンパーと呼ばれています。
素材はスチール製でクロムメッキの光沢はご覧の様に無しで表面は点錆びが出ています。
当然、再メッキが必要なレベルです。メッキ屋からあえて言わして頂くともう少し早めに再メッキ加工せて欲しいレベルです。
バンパーの裏面を見ると、錆がささむけ(指でなぞると怪我しそうなレベル)状態になっています。
シアンを使ってメッキ自体を数日かけて剥離致します。塗装を剥離するイメージとは全く違って数時間では剥離できません。
今回のバンパー剥離した表面の状態はバフ研磨で腐食痕が無くなるレベルでした。板金レベルでは無かったので良かったです。
丁寧にバフ研磨をする事によってスチールバンパー自体の素材の綺麗さを出します。バンパーは特に入り組んだ形状では無いので
錆びや腐食痕の状態にもよりますが時間をかけて丁寧に磨けばそこそこ綺麗になります。(研磨痕が付かない様に)

PAGE TOP