バイクパーツ、自動車、トラックのFRP製品をメッキ加工(クロムメッキ加工)したい時の注意事項を業者様と個人様に分かりやすく丁寧にご説明をさせて頂きます。

このパーツはFRP製のバイクパーツで外品になります。

お客様より送って頂いて検品をさせて頂きました。

当社はFRP製品にモーターショー用クオリティのメッキ加工(クロムメッキ)は可能です。

但し、その為には数点の条件を満たした物でなければいけません。

その中で一番大切な条件はFRP製品の表面に塗装や汚れが付着している状態に物にはメッキ加工(クロムメッキ)が出来ません。

今回のブログに張り付けさせて頂いてお分かりの様に沢山の傷が付いているのがお分かりだと思います。

この状態であるならば綺麗な表面のFRP製品よりお値段が高くなりますがメッキ加工(クロムメッキ)は可能なのですが

これらの傷に汚れが付着している場合はメッキ加工(クロムメッキ)が残念ながら不可になってしまいます。

今日のお話はこの様にFRP製品に傷が付いていたり塗装が付いていたり、汚れが付着しているとメッキ加工(クロムメッキ)が出来ないの

かを分かりやすく丁寧に業者様と個人様に御説明をさせて頂きます。

FRP製品がメッキ加工(クロムメッキ)が可能か不可かの理由は工程に有るのでまずFRP製品のメッキ加工の仕方をご説明させて頂きま

す。

ゲルコートでFRP製品は出来ているのは御存じだと思いますがその表面にサフェーサー等で表面を綺麗に仕上げる事で綺麗に塗装が出来る

訳ですが、この塗装前の生地状態で表面に静電気等で付着しているほこりや手で触れる事で油分も付着致しますのでそれらを取り除きます。

この工程で静電気等で付着した以外の小さなほこりや塗料等が表面に付着しているとFRP表面に有るピンホールに入り込んでいる為に

それらを取り除く事が不可能な為に出来なくなる訳です。

例えば、この状態で強引にメッキ加工(クロムメッキ)したとしてもクロムメッキ表面がブツブツ状態になる為にメッキ加工(クロムメッ

キ)の綺麗な意味合いが無い事になります。

ですのでこの様なメッキ表面が汚い状態でお金を掛けてするお客様もいるとは思えません。

様々な樹脂が御座いますが他の樹脂と違ってFRPには多かれ少なかれピンホールと言う小さな穴が存在している為にメッキ加工(クロムメ

ッキ)が出来る条件が狭くなるのです。

工程に戻りますが、脱脂が出来たFRP製品表面にピンホールを埋める為の表面補修と言う方法によって穴を埋めます。

そしてその表面にサフェーサー、プライマー等で生地表面を整えて磨きます。

次に行う工程はサフェーサー、プライマーによって表面に電気が通る様に無電解メッキ、導電塗料で表面に通電効果が出る様に致します。

通電効果が出来たFRP製品に金属メッキの様に銅メッキ加工を行いバフ研磨作業を行います。この工程の理由はやはりピンホール等の

小さな穴を埋める為です。

そしてもう一度銅メッキ加工を行いメッキ加工完成時の見栄えのクオリティを良くする為でもあります。

その次にニッケルメッキ加工、クロムメッキ加工、仕上げに細かい粒子の磨き粉で丁寧に磨いてメッキ加工(クロムメッキ)は完成です。

自動車パーツ、バイクパーツ、トラックパーツ、FRPパーツにメッキ加工(クロムメッキ)をお考えの業者様、個人様は

メッキ工房光沢屋にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP