個人様のご依頼はどういった物をメッキ加工受付しているのか?

今回のお話は、当社にお問い合わせ頂いている個人様はどの様な物に対してメッキ加工のご依頼をして頂いているのか?

又、どういった物がメッキ加工が可能なのか?のご説明をさせて頂きたいと思います。

昨日、業者様の業種でのお問い合わせのご説明でもお話をさせて頂きましたが、当社は自動車業界、バイク業界、トラック業界に携わる業者

様からお仕事を頂いている事が多い訳ですが、個人様も同様で自動車部品、バイク部品、トラック部品等のモーター関連部に対するメッキ加

工や再メッキ加工(リクローム)のご相談が多いです。

しかしながら、個人様においても業者様のご依頼同様にモーター関連部品以外のお仕事も並行して行わせて頂いております。

ここで個人様からお仕事を頂いた例を挙げさせて頂きますと

邸宅の内装用ドアノブを本金メッキ加工、これは海外産で現在製造されていない為に新品未使用品が手に入らないと言う事から当社にご相談

が御座いましたので24金メッキ加工にて再メッキ加工をさせて頂きました。

違う邸宅にお住いの個人様からは洗面周りの蛇口やそれに付随する真鍮製部品に再メッキ加工(リクローム)を施して欲しいと言うご依頼。

家の置物に再メッキ加工(リクローム)を施して欲しいと言うご依頼。

又、最近で言いますと寺院の外装金メッキ装飾品が経年劣化で金属部分がひび割れ及び金メッキ自体が薄くなっている事から真鍮の地肌が見

えてしまった状態を本金メッキ加工による再メッキと板金を施して欲しいと言うご依頼が個人様より御座いました。

ここでお話させて頂く内容は一部ですがあまりにも様々な物のご依頼を頂いた為に書ききれない為に分かりやすく4点の個人様からの

ご依頼内容とさせて頂きます。

殆どの個人様からのご依頼品で共通するのは過去に購入した物で現在、新品もしくはそれに付随する物が販売されていない為に手に入らない

共通の事を個人様がおっしゃっていました。

当社も、必ず個人様のお問い合わせの際にご依頼を考えて頂いている物が新品で手に入るので有ればその方が良いのではとアドバイスさせて

頂いております。

当然、大量生産品より当社の様な単ロットでメッキ加工を受け付けさせて頂いている方がクオリティが良いとは言えコストと納期を考慮する

とやはり新品が購入によって手に入るので有ればその方が良いでしょう。

反対に言えば個人様のご依頼で良いとされる物はその物自体、現在新品が手に入らない場合お客様にとって最大のメリットが有るのではと思

います。

上記の理由から加工をお考えの商品が購入できるのか?出来ないのか?をお調べになられてから当社にお問い合わせ頂く事をお薦めさせて頂

きます。

メッキ加工や再メッキ加工(リクローム)をお考えの個人様はメッキ工房光沢屋にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP