メッキ加工なら光沢屋へ | メッキ工房光沢屋 メッキ加工なら光沢屋へ | メッキ工房光沢屋 メッキ加工なら光沢屋へ | メッキ工房光沢屋 メッキ加工なら光沢屋へ | メッキ工房光沢屋 メッキ加工なら光沢屋へ | メッキ工房光沢屋

光沢屋について

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私達は、水と空気以外全てにクロムメッキを施します。スチールなら6メートル、樹脂なら2メートル30センチ迄なら大丈夫です。装飾クロムメッキ加工51年の実績の匠の技で、お客様の大切な商品にクロムメッキを施し、より高い付加価値をお付けします。

創業58年 多くの方々にご愛顧頂いてきました。

1970年大阪万国博覧会の9年前から現在まで自動車部品やトラック(バス)バンパー、バイク部品に特化し、そして店舗内外装飾品まで様々な商品に装飾クロムメッキ加工を施してまいりました。現在では希少価値車や外車販売の老舗であるジロン自動車株式会社様、そしてディーラー様、モータ関連レストア専門の業者様から様々な経年劣化部品やメッキが施されていない物に対して最高品質の商品をご提供させて頂くまでになりました。

会社概要

メッキ加工について

様々なアイテム・素材に対して多様なメッキが可能です。

メッキ工房光沢屋は、クロムメッキ加工を他社では断るパーツやお客様の拘りにお応えさせて頂く為、真摯な気持ちで
ご相談させて頂いております。

メッキ加工とメッキ塗装の違い

メッキ加工とメッキ塗装では作業工程や性能・仕上げの良し悪しに大きな違いがあります。メッキ加工とメッキ塗装は同じものではありませんから、その違いをしっかり把握しておくことが大切です。

●メッキ加工とメッキ塗装の加工工程の違いは?

メッキ加工とメッキ塗装を混同してしまう人も多いです。
メッキ加工とは電気的・化学的に材料(金属やプラスチックなど)の表面に金属皮膜を成形することを言います。この金属皮膜の形成をメッキと呼びます。代表的なものに亜鉛メッキ、金メッキ、銅メッキ、ニッケルメッキなどがあります。作業工程の基本は「予備脱脂→酸浸脱脂→電解脱脂→酸活性→メッキ」となります。扱う素材によって作業工程が変化することもあります。
メッキ塗装は金やプラスチックなどの材料にスプレーを吹きかけて金属光沢をもたらす方法です。あくまで表面的にピカピカにするだけなので、美しさの持続性はメッキ加工よりも劣ります。スプレーは金色やグレー系のものが多く使われます。

メッキ加工とメッキ塗装の強度や性能の違いは?

メッキ加工とメッキ塗装はまったく違うものですから、そこから生まれる強度や性能にも大きな違いが出てきます。
メッキ加工は素材の表面に電気的・化学的に金属を形成して保護するので、厚みは薄いのに硬度や耐久性は非常に優れています。耐摩耗性・耐食性の向上のほか、粘着性もないため素材の動きが良くなる(離型性の向上)というメリットもあります。また、寸法の不具合の修正や作り替えの際の肉盛としても活用できます。
メッキ塗装は塗料を表面に吹きかけるコーティング方法で、化学反応によって金属を形成するわけではないので耐久性や耐摩耗性はメッキよりも大きく劣ります。しかし、メッキ加工とは違って塗料の色を自由に選べるというメリットがあります。

●金属のメッキ加工は専門業者へ依頼しよう

メッキ加工とメッキ塗装ではやはりその強度と性能が大きくかけ離れているので、しっかりと根本的にメッキを施して素材や製品のレベルを改善したいならばメッキ加工を選択しましょう。メッキ加工を行う業者はそれぞれに技術の差がありますから、できるだけクオリティの高いメッキ加工技術を持った業者を探すことが重要になります。
東京や大阪などの大都市圏では信頼できるメッキ加工店を探すのに一苦労するかもしれませんが、メッキ加工で失敗しないためにも慎重な選択が必要になります。

ハイクオリティのメッキ加工は光沢屋にご相談下さい!

メッキが可能なアイテム

メッキが可能な素材

メッキ加工の種類

光沢屋のクオリティー

個人・業者・企業、多くのお客様からご依頼いただいております。

水と空気以外クロムメッキ加工が可能でスチールなら 6メートル、樹脂なら2メートル30センチまでクロムメッキ加工が可能です。しかも、再メッキが必要ない錆びない特殊クロムメッキ、クロムが分厚いメッキ加工、日本工業規格の厚さのクロムメッキ加工等お客様のご予算で選んで頂く事が可能です。メッキ工房光沢屋は、クロムメッキ加工を他社では断るパーツやお客様の拘りにお応えさせて頂く為、真摯な気持ちで ご相談させて頂いております。

どんなメッキ・どんな素材でもまずはご相談ください。

メッキ工房 光沢屋は、クロムメッキ加工だけでは無く、様々なメッキ加工をお受けする事が可能です。なぜなら、光沢屋 本社は西日本で一番大きいメッキ屋街なのでほぼ全てのメッキ加工が可能なのです。

  • ユニクロメッキ
  • クロメートメッキ
  • 白金メッキ
  • 金メッキ
  • 銀メッキ
  • 銅メッキ
  • 真鍮メッキ
  • 硬質メッキ
  • 黒色クロムメッキ
  • 黄銅メッキ
  • ブロンズメッキ
  • アルマイト加工
  • 有色アルマイト加工
  • 樹脂に対してのクロムメッキ加工
  • カラーメッキ加工 等

メッキ加工(表面処理)に少ロット、大ロット、個人様、業者様問わず対応させて頂いております。

光沢屋のお客様はオリジナル製品を製作されてメッキ加工をされるお客様が大変多いので、
もしオリジナル製品を初めて製作されるのなら提携業者様をご紹介し
素材、形成、表面処理(メッキ)までお客様のご要望にお応えさせて頂きます。

例えば、数少ないパーツが壊れた!

大丈夫です。
光沢屋は3Dスキャン、3Dプリンターでその商品を複製し
クロムメッキ加工(表面処理)する事が可能です。
●お客様が当社にメッキ加工について、お電話して頂いた時にお聞きさせて頂きたい情報
1.
その商品に塗装やメッキが付いているかをお尋ね致します。
例)黒の塗装が付いている等
2.
メッキ加工をしたい商品の素材、何で出来ているのかをお尋ね致します。
例)鉄で出来ている等 分からなくても大丈夫です。
3.
その商品に錆や傷があるかをお尋ね致します。
例)全体的に錆がある等
4.
その商品の大きさと形状をお尋ね致します。
例)縦が2メートル前後、横が1メートル前後、高さが20センチ前後等
5.
メッキ加工をされたいその商品が新品で無い場合、新品を手に入れる事が出来るか?

お客様に、より分かりやすく、クオリティ、納期、お値段をお答えさせて頂く為にお聞きさせて頂きます。

メッキ加工料金

メッキ加工のお見積りについて

メッキ加工の料金は手間賃で決まります。
加工されたいパーツに塗装がされていたり、又、アルミニウムですとアルマイト処理をされていたり、サビの状態新品か古い物かによって加工の手間が随分変わってきます。その為、メッキ加工されたい商品は郵送して頂いて検品させて頂かないとお見積り不可となります。お見積りをご希望される方は、まずはお電話ください。

06-6913-0552

加工料金例
バイクペダル
3,500 円~
バイクフェンダー
15,000 円~
旧車グリル
20,000 円~
ドア メッキ(1 枚)
100,000 円~
バンパー再メッキ(ケンメリクラス)
35,000 円~
メッキ加工による試作品
100,000 円~

※上記のメッキ加工料金は、メッキの質、素材のサビ、塗装が付いているか等、素材の状態や素材の種類(鉄、アルミ、ステンレス、アンチモニ、プラスチック等)とメッキのランクによってお値段が変わります。

料金とご発注について

メッキ加工例

メッキ加工 FAQ

当社は、業者様によるご依頼も非常に多く、有り難くも個人の方のリピーター様も大変多くいらっしゃいます。
よく有る御質問を以下まとめましたので御覧ください。 その他、疑問が御座いましたらお気軽にお電話ください。

Q板金加工、ブラスト(ショット)したり等、加工して送ってもよいか?
A

答えは、手を加えないで下さいです。

その理由は発送前に手を加えた場合、塗装剥離だけならともかく板金加工などを行うとメッキ加工を施す前の下処理(シアン等)により板金処理を施したろうやはんだが溶けてしまう為その意味が無くなってしまいます。

Q旧車のドアハンドルに付いているカギ(シリンダー)等はそのまま送って良いのか?
A

答えは、完全脱着して下さい。

例えばそのままメッキ加工を施した場合、鍵穴やシリンダー内部が薬品により溶けたり施錠できなくなります。裏面にボディーに装着するステーが付いていますが、その部品もピンを抜いて頂きバネも無いアウタードアハンドル(メッキを施したい部分のみ)ご発送して頂きます様お願い致します。(この作業は普通の自動車修理工場では難しいのでレストア専門業者様で分解して頂きます様宜しくお願い致します。(弊社代理店のレストア店をご紹介させて頂く事も可能です。)