30数年前のバイクフェンダーを再メッキ加工(リクローム)

このパーツは30数年前のバイクフェンダーです。

当然、フェンダーの素材はスチールで30数年経過している事から

この様な棘状の錆が出ています。

お客様のご要望で当社のメッキランク、中メッキ加工(メッキが厚い)にて

加工させて頂きます。

中メッキ加工で作業したとしてもこの様な棘錆の場合、メッキの厚みでカバーしたとしても

フェンダー表面に腐食痕が残る可能性が有る為に板金加工を行う事がよくありますので

お客様に剥離作業終了後に板金加工を行った方が良いかのご提案をさせて頂いております。

因みに、お客様の予算が御座いますのならこの様な棘錆が出ているパーツはクオリティー上

当社のメッキランク上メッキ加工をお薦め致します。

(メッキ剥離後、アルミニウム製金属パテによる表面補修加工を施す)

それでは、この30数年経ってフェンダー表面が棘状の錆が出ている

中メッキ加工(メッキが厚い)工程を説明させて頂きます。

一番最初に行う作業はメッキランク関係なしに剥離作業を行うのですが

中メッキ加工はシアンを利用し剥離を行います。

剥離日数は約7日から10日間程になります。

(シアンを使用する事により綺麗に剥離出来ます)

この作業の大事なことは5日位にはシアンからパーツを上げて錆表面が

どの様になっているこを確認する事が大変重要になります。

メッキが完全剥離し錆が溶けている状態を確認し軽めのバフ研磨終了後

板金が必要とする場合はお客様に担当営業からお電話させて頂きご報告させて頂きます。

ここでお客様のご予算や納期の事を一緒に考えて板金加工を行うか

行わないでメッキ加工をするかを選択して頂く事になります。

但し、お客様が上メッキ加工を選択されている場合はメッキ面に完全補修作業を行う為に

板金を行うか等のお電話は行いません。(完全にメッキ表面が綺麗になる為電話必要なし)

お客様に選択して頂いたのが板金作業を必要とする場合、バフ研磨作業終了後

板金職人による作業が始まりますが、板金を必要としない場合はメッキ加工へと移ります。

今回のパーツは板金を必要としますので真鍮を用いた板金で腐食痕や錆による

穴などを埋めて表面を綺麗に段差が無い様に均します。

板金が終了したら板金職人からバフ職人に注意点を引き継ぎ

更にバフ研磨作業に於いて鈑金痕を消す作業を行います。

この作業が終了致しますとバフ職人からメッキ職人にパーツが渡ります。

いよいよここからがメッキ作業です。

まず銅メッキ加工を行い、スチール表面に残っているピンホールを

もう一度バフ研磨作業によって埋めます。この作業を行うか行わないのかによって

メッキ加工完成後、見栄えのクオリティーに影響致します。

もう一度、銅メッキ加工しニッケルメッキ加工、クロムメッキ加工で

ドブ漬けとしては完了になります。

自動車部品、バイク部品、トラック部品にメッキ加工をお考えの個人様と業者様がまず確認して頂きたい事。

自動車部品(旧車部品、現行車部品、ワンオフ部品)、バイク部品、トラック部品にメッキ加工や再メッキ加工

(リクローム、板金加工、表面補修)をお考えの個人様と業者様がお問い合わせ前にまず確認をして

頂きたい事をご説明をさせて頂きます。

当社(メッキ工房光沢屋)にはクロムメッキ加工において最高級モーターショー用クロムメッキである

上メッキ加工と自動車メーカー様と同等かそれ以上のクオリティである中メッキ加工(厚メッキ加工)と

町のメッキ屋さんレベルの下メッキ加工をお客様が考える商品に対するク

オリティ追求によるメッキ加工をランク分けする事によりご依頼を受けたわ待っております。

その為、メッキ加工や再メッキ加工をご依頼されるお客様がご依頼されたい商品が

どの様な素材で出来ているか?

その素材に塗装やメッキ(蒸着メッキ等)が付着しているか、また商品に腐食痕や錆等が出ているのか?等

様々な要素からお値段や納期がが決まったり、更に各メッキランクにおけるメリットやデメリットが決まります。

そう言う事からお電話でのお見積りや当社のホームページからのお見積りはあくまでも

幅が広い概算値になりますので出来る限り当社にまずお電話いただいて上記の様な事をご説明されてから

メッキ加工や再メッキ加工(リクローム)されたい商品をご発送される事が

良いと思いますのでご協力をお願い致します。

そこで当社の各メッキランクを個別にてお客様の目線でメリットとデメリットを分かりやすく

丁寧にご説明をさせて頂きます。

世界のメッキランクで一番と言っても過言ではない最高級モーターショー用クロムメッキ加工

(上メッキ加工)のでメリットは素材の殆どでメッキ加工や再メッキ加工が可能です。

素材によってメッキ加工や再メッキ加工が出来ない物は世の中に沢山御座います。

しかし多くの素材に加工が可能と言う事とメッキ面の綺麗さ及び長持ちするメッキ

例えば金属で言いますと亜鉛ダイカスト(アンチモニ)等の様な再メッキ加工が出来ない商品(旧車部品に多い)や

様々な金属にバフ研磨や板金加工しても商品の表面が綺麗にならない様な状態の物にも

綺麗に表面を補修する事が可能です。

デメリットは、大変手間が掛かる為納期がかかり、お値段も高くなる事が御座います。

続いて中メッキ加工(厚メッキ加工)のメリットは自動車メーカー様やバイクメーカー様

トラックメーカー様の純正メッキパーツのメッキ厚が有り、町のメッキ屋さんで行われている様なメッキ厚が薄く

直ぐに錆が出たり見栄えが悪い事が無い状態に出来ます。更にお値段も上メッキ加工の様な高さは御座いません。

因みに、当社ではこのメッキランクが一番人気ですので繁盛期以外でも納期は3週間前後掛かります。

デメリットは、キツイ錆や腐食痕が酷かったり商品に穴が開いていると板金加工料金が発生する事が御座います。

下メッキランクのメリットは加工賃が断然安く、納期が早い事にありますがデメリットがメッキ厚が薄い為に

ワックス掛け等を怠ると直ぐに錆が出てきます。

メッキ加工のお問い合わせはメッキ工房光沢屋に、心よりお待ちしております。

PAGE TOP