旧車カリーナ(1975年式)のアウタードアハンドルを再メッキ加工

ご覧の写真は1975年式のトヨタカリーナHT1600GTの亜鉛ダイカスト製アウタードアハンドルです。
この自動車は旧車のマニア様がこよなく愛する自動車の中の1台です。
この時代のアウタードアハンドルやグリル、マスコットパーツ、様々な外装パーツの多くが亜鉛ダイカストにクロムメッキ加工を施していましたが、再メッキ加工に適さずこの様に経年劣化して綺麗に仕上げる際に大変苦労する素材です。その為に通常、装飾クロムメッキ加工に特化している工場であっても元の新品未使用品の様な状態に仕上げる事は出来ません。その理由は、亜鉛ダイカストと言う素材には元々表面や内部に巣穴やピンホールが多く存在し、他の素材より腐食しにくいメリットが有るのですが一度腐食すると巣穴やピンホールが大きくなり全面板金する以外に綺麗に仕上がらないと言うデメリットがあります。当然、普通の装飾クロムメッキ加工に特化している工場と言えども亜鉛ダイカスト素材に全面板金出来る技術など有る訳も無く綺麗な新品未使用品の様な再メッキ加工が出来ないと言う事になるのです。当社はこの様な巣穴やピンホールが多い素材のダイカスト素材や経年劣化が酷い素材に於いても再メッキ加工により、当時、購入した新品未使用品の仕上がりにする事が可能です。経年劣化した一部樹脂製パーツにも可能。加工方法はメッキ剥離後に巣穴やピンホールが隠れる様にアルミニウム製金属パテによる全面補修を行いサフェーサー処理を施します。この作業には大変手間が掛る為に加工日数が必要になります。ですので通常の再メッキ加工日数の1.5倍程の納期が必要になってしまう程です。納期が無いお客様にはおと絶え出来ない加工方法ですので、この亜鉛ダイカスト素材に関しましては納期に余裕が出来てからご依頼されるのが望ましいと思います。次にプライマー表面に導電性塗料を用いて通電効果を発生させて当社のメッキランクの厚メッキ加工を施して加工終了となります。

 

因みに旧車、現行車問わずアウタードアハンドル裏面のシリンダーやバネはご覧の様に脱着した状態でご発送して頂かないと加工をお受けさせて頂く事は出来ませんのでお気を付け下さい。

35年前後前のハーレー純正フェンダー板金加工有りとチェーンカバーを再メッキ加工

ご覧の写真は35年ほど前のハーレー純正フェンダーと

黒色塗装の純正チェーンカバーです。

フェンダーの表面には錆が飛び出ているのと

クロムメッキアップ画面と裏面に線上の凹みが有るのが

お分かりになられると思いますが

このオーナー様からはこれらの部分が綺麗になる様に

板金加工と再メッキ加工(リクローム)を施して欲しいとの

ご要望です。

純正の黒塗装チェーンカバーの写真にはかなりの擦り傷と

腐食による錆が表面に現れていますがオーナー様のご要望で

板金加工は無しで分厚くクロムメッキを施して欲しいとの事です。

まずはフェンダーを綺麗に加工する方法ですがシアンによる

メッキ剥離を約7日前後行い完全にスチールの状態に戻します。

次に深い傷の修復になりますが裏面から専用のトンカチで

ろう漬けが可能な状態になるまで叩いて形状を整えます。

この作業は熟練の板金職人が行う作業です。

40年ほど前には板金加工と言えばこの様な作業でしたが

近年は皆様もご承知に様に樹脂パテで面を整えるので

この様な昔ながらの板金作業が出来る専門職人はなかなかいません。

当社には沢山の自動車整備工場から板金加工を施さなければ

綺麗にならない様な状態のパーツが送られてきます。

私が言うのもおかしな話ですが大変綺麗に熟練の

板金職人により綺麗になります。

クロムメッキを施すと何処に深い傷と凹みがあったかが

分からない状態になります。

自動車整備工場の職人様も裏面から見れば分かるが

クロムメッキがかかっている表面から見たら

全く分からないとおっしゃいます。

次に、黒塗装が施されているチェーンカバーですが塗装剥離後に

バフ研磨作業致します。

このチェーンカバーは2枚のスチールの板をスポット溶接で合わせて

製作されています。

今回のオーナー様はご要望で板金加工は無しでと言う事なので

問題は御座いませんが板金加工を施すご要望であればなかなか

板金加工しても新品の状態に戻す事は難しいのです。

1枚で製作されているチェーンカバーは元々どの車種も御座いませんので

2枚合わせで製作されているパーツは大変難しい作業になります。

ですのでこの様な腐食が酷い状態や板金加工が必要な状態になる前に

出来れば再メッキ加工やクロムメッキ加工をされる事が

望ましいと言えます。

出来る限りのバフ研磨作業で腐食痕を消していきます。

次に銅メッキ加工によりスチール製チェーンカバー表面に

銅被膜が施されたら再度、バフ研磨作業により削れた銅の粉を

用いてピンホールを埋めていきます。

そしてもう一度銅メッキ加工を行い続いてニッケルメッキ加工

最後にクロムメッキ加工、仕上げに青粉でメッキ面を

丁寧に磨いて終了になります。

PAGE TOP