ブログ

樹脂製グリルと金属製グリルとのメッキ加工による違いは?

モーター関連部品の中で

ご依頼が多い自動車、

トラック用グリルですが

このパーツは金属及び樹脂製品の

2種類が存在します。

金属製グリルには現代車に

使用されている事は無く、

30年程前には多く採用されていました。

現代に於いては軽量化と樹脂の強度が

増してきているので

今の様な樹脂グリルが支流になってきました。

この素材にはメッキや塗装を施したり

クリアーなどで光沢を出したりと

カラーもバリエーション豊かになってきました。

前者のグリル素材はスチールが多く

採用されており続いて亜鉛ダイカスト所謂

アンチモニにクロムメッキが施されている物も多く

存在していました。

因みにインパラなどのアメ車にはアルミニウムに

アルマイトを施している物もあります。

いずれにせよ金属グリルは樹脂よりも

強度が高い上にシアンや強酸、

強アルカリ以外ならば溶ける事は無いと

言っても良い。

後者の場合材料が石油から出来ている物が多く

新品ならばともかく古い物になると

これらは薬品に負けてしまい

溶けてしまう事も珍しくありません。

この事から最高級品質のクロムメッキ加工を

ご希望の場合にはグリルもバンパー同様に

金属製よりも樹脂製の方がメッキ加工は

難しいと言える。

金属製バンパーと樹脂製バンパーとのメッキ加工による違いは?

4輪車で言うと自動車とトラックには

必ずフロントとリアに事故などによる

衝撃防止の為のバンパーが

装着されていますが

第一次自動車産業時代から現代にかけて

スチール製バンパーから樹脂製に

移行されています。

その理由は車重の軽量化であると

言われています。

樹脂より金属の方が強度がありますが、

近年樹脂製品も強度が高くなっています。

その他には金属製バンパー等は板金加工で

表面補修を施してリクロームする事が出来ますが

樹脂製バンパーの場合には

その様な事が出来ない為に純正品を購入して

交換取り付ける事が支流となっています。

これらの両バンパーに対して

最高級品質のクロムメッキ加工を

施しやすいのは金属製バンパーです。

その理由は樹脂製に対して

この最高品質メッキ仕上げには条件が2つ有り

1つ目は新品未使用品で有る事。

2つ目はバンパーの長い物は

分割しなければいけない事。(切断が必要)

特に樹脂製用のメッキ槽は長くても

1600ミリ程度である為。

※金属類の槽と樹脂の槽は加工上、異なります。

現代ではトラックにも純正品樹脂製バンパーに

オプション品としてクロムメッキ加工が

施されている事が多くなってきましたが

大型トラックなどは横幅が2300ミリを

超える大型トラックです。

これらも3分割使用になっています。

既に使用している樹脂製品と新品未使用樹脂製品との加工上での違いについて

既に愛車などに装着されている

メーカー純正樹脂製品(中古品)と

梱包されている純正樹脂製品(新品)。

この2種がクロムメッキ加工上どの様に

不具合が発生するか?

またはどちらも加工上不具合は

発生せず同じなのか?

その答えは中古樹脂製品の場合

加工不可になる可能性が有り

加工すると危険なリスクが常に伴う。

その理由はABSやPPなど樹脂全般は

金属製部品と違い錆びる事は無いが

経年劣化すると素材の強度が著しく低下し

加工上使用する薬品に対して耐えれず

割れやひびなど破損してしまうリスクがある。

愛車部品に最上級品質のクロムメッキを

ご希望される場合には出来る限り

メーカー純正樹脂部品を取り寄せてから

ご依頼される事が望ましいです。

※FRP製品の場合は新品未使用品であるのと

未塗装状態でなければいけません。

ABS、PPなどの樹脂は長さ1600ミリまでが

最高級モーターショー用クロムメッキ仕上げが可能

それ以上の長さの場合にはワンランク下げた

メッキ仕上げとなります。

外装用メッキと内装用メッキの違いについて

外装用装飾クロムメッキ加工、

所謂自動車やバイク、トラックなどが

道路で速度を出す乗り物の外装部品に

対して加工を施している部品と言う

ジャンルで室内用装飾クロムメッキ加工、

所謂机やテーブル、椅子、

店舗内装飾品など・・・。

この2点の違いについてご説明させて

頂きますが、

前者は下地処理と各メッキの厚みが

後者に比べると雲泥の差があります。

当然前者の方が下地処理のクオリティ及び

銅、ニッケル、クロム各メッキ厚が

分厚い事が前提

メッキ液の添加物が沢山混ざっている物は

内装用で重宝されており、

外装用にそれらを沢山入れると

剥がれやすくなる傾向があり

モーター関連のメーカーは添加物を好みません。

前者の方は外気温の変化や湿度、ホコリ、

飛石などクロムメッキの綺麗さとこれらの

耐久性双方を求めなければならず、

後者は見栄えだけを前提に追求する

クロムメッキです。

見た目は双方とも変わらないのですが

時が過ぎる、そして外的変化が激しくなれば

直ちにクロムメッキ部品に対して顕著に表れます。

これらの理由から前者と後者は全く別物と言えます。

インパラデッキパネルの発送方法は?

モーター関連部品のご依頼で

特に取り扱いが難しいのは

インパラデッキパネルの様な

生地が薄く元から歪があり、

素材がアルミニウム物です。

理由は旧車トラックスチール製

シャッターグリルの薄さとほぼ同じなのですが

金属の強度がかなり落ちると言う事と

4か所のライト穴から外側に向けて

製作上の歪みがあるので少し力を入れただけで

ひびや割れが生じてしまう事がその理由です。

我々加工を行う側から言わせれば

なぜ、この様に弱い素材でこの様な生地の薄さで

製作したのかが理解に苦しむところです。

当然、バフ研磨機で表面を力いっぱいに

磨いてしまえばパネルがボコボコになります。

メッキ加工に於いては素材表面を丁寧に

鏡面仕上げしてから銅、ニッケル、クロム、

電解メッキを施す事こそが肝です。

満足にバフレース出来ない状態では見栄えの

優れたクロムメッキ部品は出来ません。

これらのご説明でインパラデッキパネルの様な

アルミの薄い部品に対して加工を施す事は

かなり慎重にしなければいけない事が

お分かりになられたと思います。

ブラックメッキ 黒色クロメートの違いは?

現代に於いてモーター関連部品に

カラーを施した物が目につきますが

特に支流なのがブラック系の塗装や

その色調のメッキが流行っております。

普通自動車やトラック純正グリルにも

純正オプション品として光沢のある

塗料を使用したり通称ブラッククロムや

ブラックニッケルや黒色クロメートで

バイクボルトなどをハイセンスな

付加価値を演出しています。

これらのブラック系塗装や黒メッキには

最終段階でトップコートと言う保護膜で

表面を守ります。

因みに最上級のクロムメッキは厚みや

強度が凄く高いのでこの様なトップコートを

使用する事はありません。

言い換えれば保護膜が必要なカラー系の場合

表面が薄く強度に難点があるとも言える訳です。

ブラックが好みなお客様で外装部品に対して

ご依頼したいとお考えの場合上記の事を

覚えておいて下さい。

それではブラック系メッキ及び塗装で一番綺麗で

強度がある工程から順番に並べます。

ブラックニッケル、ブラッククロム、黒色クロメート

キャンディ塗装です。

特にブラックメッキと黒色クロメートを見た目で比べると

光沢感が全く違う事にきずきます。

メッキ部品のメンテナンスについて

モーター関連メッキ部品の

メンテナンスについてですが

答えは1にワックス、2にワックスです。

メッキ部品と言っても下地処理の仕方や

メッキの厚み様々な加工要因により

クオリティの差が出ます。

通常、1週間に1回程度は

ノンコンパウンドワックスで洗車する事が

望ましいとされています。

部品の素材から錆が湧き出てくるのが

皆様が想像されている腐食ですが、

あまり知られていないホコリや鉄粉及び

虫の死骸などがメッキ面に付着して酸化、

その状態をほおっておくとそれらが固まり

ワックスがけやコンパウンドで磨いても

取れない錆になります。

大きく分けてこの2つの原因から

腐食すると言って良いでしょう。

この事から分かる様にクロムメッキ部品にも

小まめなメンテナンスが必要となります。

そうする事で高い工賃が発生する様な

再メッキが回避できるとも言えます。

少し手間がかかってしまいますが

10年経っても部品の光沢が新品時の様に

輝くのであればメンテナンスもやりがいがあるのでは・・・

亜鉛ダイカストの経年劣化とは?

亜鉛ダイカスト所謂アンチモニと言う

呼び方をするこの素材、

現在に於いてモーター関連では

この様な物を使う事は極めて

少ないですが今から30年以上前までは

世界中で使われておりました。

現行のホンダスクーターバイク

ポイントカバーはこの素材を

使用しておりますが・・・

この亜鉛ダイカストにクロムメッキを

施している部品が経年劣化によって

どの様に表面が変化していくのか?

この素材は腐食には比較的に強く

他のメッキ部品の様に光沢が徐々に薄れ、

その後にブツブツとした突起物が出てきます。

(市販の研磨剤であるピカールなどで磨いても

綺麗になる事はありません。)

このままほっておくと薄い物だと

割れてしまう事さえあります。

(細長いエンブレムなど)

どの材質もリクロームを施すのであれば

一日でも早い方が良いのですが

亜鉛製クロムメッキ部品の場合は

腐食の程度がどうあれ

剥離後に必ず表面補修を施すので

光沢が失われる位では場合によっては

再メッキ加工はまだ早いかもしれません。

当然、お客様によっては愛車の

クロムメッキ部品が光沢が薄れて

我慢できないと言うお考えの方も多いとは

思いますが残念ながらこの素材の

リクローム工賃は腐食の程度は差ほど

関係ありません。

銅部品の経年劣化とは?

モーター関連の外装部品で

銅製の物は極めて少なく

旧車の一部分だけであると言って

良いと思います。

例えば当時の外国産高級車の

鍵シリンダーなど・・・

この素材は10円玉と同じで新しい時点では

ピカっと光を反射させますが直ぐに酸化して

曇りますがスチールの様な腐食の

仕方にはなりません。

錆特有の茶黒色した凸が出たりもしませんし

アルミウムの腐食の様に内部がえぐれた様な

穴も現れません。

そう言う意味では見栄えに於いては

腐食に強いと言えます。

装飾クロムメッキ加工の下地で使用する

銅メッキである訳ですから

メッキをするに至っては相性が良いと言えます。

銅素材を使用する物の多くは邸宅や高級店舗、

高級ブランド店舗などの内装で使用される事が多く

付加価値を高める様な物に利用されます。

比重、重さで言うと銅はスチールやステンレス、

アルミニウムよりも重くモーター関連部品などの

軽量化が問われる様なパーツには採用しにくい。

しかしながら銅を鏡面ポリッシュ加工すると

凄く綺麗な光沢が得られます。

真鍮部品の経年劣化とは?

真鍮部品は極めて腐食しに対して強く

例えて言うのなら洗面所やトイレ、

風呂場などの蛇口やそれに付随する物に

採用されている事が多く水回りで

この素材は力を発揮します。

このクロムメッキ加工方法は

装飾クロムメッキ工場で簡素な施工として

行われております。

表面のメッキが薄くてもスチールや

アルミウムなどの様に直ぐには

錆は出ません。

モーター関連部品に採用されている事は

意外に少なく旧車のモールやエンブレム、

グリル周りに採用されている事が

稀にあります。

この真鍮の腐食は他の素材の様に

表面にブツブツ上の突起物が出る事は

少なく反対に腐食により陥没する様な

現象がおこります。

この様な経年劣化の場合にはバフで磨いて

腐食部分を平らし素材を戻すことは

困難な為に板金加工や表面補修などを

行わなくてはいけません。

真鍮部品にクロムメッキ加工が施されている

物に対してはメッキに光沢が無くなってきた

時点でリクロームされる事が

望ましいと言えるでしょう。