ブログ

初代クラウン観音開きグリル再メッキ前

光沢屋ホームページトップのスライド写真
初代クラウン観音開きのグリルです。
メーカー様の所有だけあって保存状態は良いと思います。
再メッキ後がスライド写真です。

逆輸入ドア板金痕クロムメッキ加工前

この商品は、トラック用ドアで逆輸入バージョン助手席側です。
ご覧の様に板金痕があります。
板金加工した場所としていない場所との段差を無くす為、金属パテで修正致します。
クロムメッキ加工をすると板金痕が全く分からなくなりクオリティーが上がります。

バイク用スチールホイルメッキ加工前

ご覧の様に、スチール製ホイルです。
この様にスチール独特の錆が出ています。
この状態までくると、ピカールで磨いたりワックスをかけたりして
頑張っても復活致しません。
もう再メッキ加工しなければ、綺麗になりません。
光沢屋で綺麗に再メッキ加工致します。
加工終了後
きっとお客様がビックリされるでしょう。

トラック用内装肘掛にクロムメッキ

この商品は、トラックの内装にある肘掛です。
ゴム系樹脂でもこんなにピカピカ、厳つさ抜群です。
ドアを開けなくても外から見えますよ。
当然、乗用車の内装パーツにもクロムメッキが出来ます。

ハーレー純正フェンダークロムメッキ加工前

ハーレーの純正フェンダーです。
素材はスチール製で新品、黒色の塗装付きこのままでもカッコ良いですが
やはり、ハーレーにはクロムメッキがよく合いますよね。
塗装剥離しバフ研磨、銅メッキ、ニッケルメッキ、クロムメッキで
磨いて出来上がりになります。

トラック内装用樹脂製ステップクロムメッキ

大型トラックのドアを開けると、室内足下の場所にあるスカッフプレートです。
素材は、PP製樹脂でご覧の様にギザギザの滑り止めがあります。
もちろん、乗用車にも同じ様なプレートが有ると思います。
クロムメッキをかけるとこんなに綺麗で高級感が出ますよ。
ドアを開けると足下がしまります。
足でふんずけてもメッキは剥がれません。

旧車グリル再メッキ前の状態

旧車グリルの表面と裏面です。
素材はスチール製で裏は全体的に錆有です。
このグリルも希少価値が高く、年数が経っているわりには
表面は綺麗な方です。
まず、剥離し、バフ研磨、銅メッキ、ニッケルメッキ、クロムメッキ加工します。
塗装がかかっていますので塗装剥離用の剥離剤で塗装剥離をおこないます。これは普通の車の塗装剥離剤と変わりません。
ですが業者様で剥離をしないで下さい。塗装が綺麗に剥離できましたら次にシアンで亜鉛剥離致します。(スチールには亜鉛などの錆とめのメッキがされている物が多い為。)グリルの素材が裸の状態になったところで、バフ研磨に入ります。素材の状態によるのですがあまり番手の粗いバフは使わず240番手位のバフを使用し研磨いたします。研磨終了時メッキ加工前のグリルの見た目はピカっと光っているような状態で顔が少し映っているような感じです。このあたりでメッキをかけるとピッカピカでおっ綺麗と言う様な綺麗さで仕上がります。

ヨーロッパの旧車アンチモニ製ヒンジ

この商品はヨーロッパの旧車パーツでトランクのヒンジです。
素材は亜鉛ダイカスト所謂アンチモニです。
車の年式が古いのですが、希少価値が高い為室内保管されていたと思われる状態です。
しかしながら、この様な錆が出ています。
通常、町のメッキ屋さんでアンチモニパーツを再メッキするとメッキ面がボコボコになり
密着が悪い為、剥がれやすい状態となります。
当社は、こういったアンチモニ製品を再メッキすると新品以上に綺麗に仕上がり
腐食しにくいハイクオリティーになります。

旧車トラックエンブレム3Dプリンター作製

お客様のご相談でよくあるのが、旧車の樹脂パーツをクロムメッキ加工してほしい。
元々、樹脂にメッキが施されていたが、年数が経ってメッキがくすんで汚く見える、
又、樹脂に塗装が施されているのをクロムメッキ加工でピカピカにしたい等
ご要望があります。
しかし、樹脂は月日が経ちますと硬くなり塗装やメッキを剥離すると素材まで傷めてしまいます。
そういう時に役に立つのが3Dプリンターで作り直しクロムメッキ加工するのです。
全く同じ形状ですので新品のパーツにクロムメッキ加工しているのと同じです。
やり方としては、当社でなくても良いのですが、当社で3Dプリンター作製される場合このパーツを送って頂き、そのパーツを3Dスキャンするのに白い粉を吹き付ける事によってスキャン出来やすくします。その際、パーツの大きさによって3Dプリンターの機械が違う為ABSライクやレジン等になったり変わってきます。後、エンブレムであれば表だけを3Dスキャンするのか、裏面もされるのかによってもお値段が変わります。

4トン車用オリジナルマフラークロムメッキ加工

このパーツは、4トン車用にオリジナル製作されたマフラーです。
素材はスチールパイプで亜鉛びきしバフ研磨、その後、銅メッキ続いてニッケルメッキ、クロムメッキし磨いて出来上がりです。
トラックの場合、距離を大変長く走り、雪国や海辺のような錆びやすい場所にも配達に行くので日ごろからワックスがけやガラスコーティング剤を豆にされた方が長持ち致します。当社のメッキランク(クオリティ)には上メッキ加工、中メッキ加工、下メッキ加工があります。
先程も、言いました様にマフラーは地面から近い為錆びやすいので、出来ましたら中メッキか上メッキ加工をお勧めいたします。
その理由は、お値段と納期は少しかかりますがメッキの分厚さやサフ、プライマーで錆びにくくする工程を挟むことによって
錆びにくく長持ちするのです。やはり見栄えも下メッキと中メッキ、上メッキの多少変わります。業者様と個人様に豆知識として覚えて頂くと
今後お役にたつと思います。